謹賀新年

2022年1月1日 新年あけましておめでとうございます。 本年も従業員一同、力を合わせ、精一杯取り組んで参ります。 何卒、本年も倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。 --------------  白鳥林工(協業)の情報は、こちら  ------------------- HP:http://w…

続きを読む

仕事納め ’21

2021年の最終営業日。 ここ郡上白鳥は、寒波が少しずれたようで、覚悟していた大雪に見舞われることはありませんでした。 奥美濃のスキー場は、少しがっかりでしょうか。 とはいえ、明け方はバッチリ冷え込み、道路も所々凍結。 敷地内も除雪した場所は、ばっちり凍っておりました。 少し遅く昇る朝日に照らされて、凍結具合が良く分かりますね。 仕事納めの今日は、山林部も木材…

続きを読む

完了検査へ

郡上市発注の仕事が終わり、完了検査に立ち会ってきました。 今回は、民家の裏の立木を伐採する仕事でした。 風雪害によって倒木が民家に損害を与えないよう、事前に伐採しておくという仕事です。 工事期間が短い中、途中で色々と予想外の事がありましたが、現場代理人のN君を筆頭に段取良く仕事をしてくれたおかげで、工期内できっちり納めてくれました。 4日前の日曜日に積もった雪で、…

続きを読む

令和3年度「緑の雇用」監督検査・安全指導 3回目

朝夕こそは1℃台の気温を示しますが、日中は12月とは思えない天候です。 仕事をする上ではありがたい天気も、地球全体を考えると困ったものです。 雪は降るのだろうか?と心配になります。 さて本日は「令和3年度「緑の雇用」監督検査・安全指導 3回目」ということで、現場へ同行して参りました。 前回10月に安全指導を受けた場所から、少し下った場所。標高は約470m。 このエリ…

続きを読む

価格の改定について

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、皆さまもご存知の通り、ウッドショックによる丸太価格の上昇、更には原油価格高騰による諸々の資材費・燃料費の上昇等が発生しております。 弊社でも経費削減、製造工程の合理化等に取組んで参りましたが、従来の価格を維持する事が困難な状況となりました。 つきましては、誠に不本意ながら2022年1月1日の見積・受注分より価格の…

続きを読む

年末年始の営業日について '21-22

いつもお世話になっております。 年末年始の営業日についてお知らせいたします。 12月27日(月) 通常営業 12月28日(火) 仕事納め 12月29日(水)~1月6日(木) 年末年始休暇 1月7日(金) 仕事始め 1月8日(土) 通常営業 とさせて頂きます。 弊社は、少し長いお休みをいただいております。 といいますのも、1年を通して祝日を営業日とさせて頂…

続きを読む

木材は捨てるところがありません。

『木材は捨てるところがありません』 今流行りの、SDGsに乗っかるわけじゃありませんよ。 MOTTAINAI(もったいない)の一例とでもいえるのではないでしょうか。 資源の有効利用です。 丸い丸太を四角く製材するので、当然出てくるおが粉や背板。 製材の大鋸粉(おがこ)は製材棟の高い場所にある部屋に集めておいて、定期的に引き取って貰っています。 引き…

続きを読む

FW3研修「木材流通と木材利用、木材の特性」

本日は、FW3年目の集合研修のうち「木材流通と木材利用、木材の特性」という項目で、弊社の工場を見学して頂きました。 普段は木と対峙してお仕事をされている方々にとって、製材以降はほぼ別世界の事でしょう。 1時間という短い時間を駆け足で、しかも拙い説明だったとおもいますので、なにぶん伝わったかどうか・・・。 という反省を込めて、説明したけど説明しきれなかった部分について、今日の見学コー…

続きを読む

今日のビックリ

長良杉パネルの注文に対応すべく、横切り(クロスカット)の従事しておりました。 倉庫から杉の4m材を持って来て、横切りの前に裏表の板の状態を確認していると、なんだか違和感。 「ん?」と近づいてみましたら、ハチの巣でした。 見事な造形美。 たぶん、「ヤマトアシナガバチ」の巣だと思われますが、、、どうでしょう? もぬけの殻なので、分かりません。。。 --…

続きを読む

クロスカットの話

今日は木取り作業の一部をご紹介。 途中からぐにゃりと曲がった4mのヒノキの板。 さて、どの様に料理しましょうか? 注文が入ると、板をクロスカットソー(横切り)で長さを切ることから始まります。 弊社の商品は、FJ(フィンガージョイント)が無い集成材(巾接ぎ板)というのが大きな特徴の一つです。 そして、ラミナ幅が比較的広い、ということ。 無垢感がより味わえることを…

続きを読む