長良杉パネルのプレカット 

造作用の部材として利用いただいている長良杉パネル。 特注寸法のご注文は、この様にパネルソーでカットして出荷しております。 そして、これは大判をカットしているわけではありません。 特注寸法に合わせて、木取り → プレーナー → 接着 → サンダー という工程を経ています。 少しだけ大きめに作っておいて、最後に注文寸法に合わせてカットしています。 ご注文頂いてか…

続きを読む

長良杉パネル 上小

長良杉パネル(上小)の規格寸法である30*1000*2600 の在庫を切らしているところに、大阪のお客様から注文を頂きました。 大急ぎで製作中!(仕上げのサンダー(#150)をしているところです。) 上品な表情に仕上がっていると思います。 なんとか、今日の出荷に間に合いました! お歳暮シーズンで、運送会社さんはパンク状態とのこと。 早めのご注…

続きを読む

唐松のフリーリング t15

フローリング材(床材)として、唐松(カラマツ)は如何でしょう? (使用例:大開津の石邸) フローリング材(床材)として、直ぐに思い浮かぶ樹種と言えば?? クリ・ナラ・ウォールナット・サクラといった広葉樹が候補に挙がる方もいれば、ヒノキ・スギといった針葉樹が候補に挙がる方もいると思います。 広葉樹は、堅く耐久性がある代わりに、お値段もそこそこします。 針葉樹は、柔…

続きを読む

伐採エリアの仮設定へ

郡上市が発注する「ライフライン保全対策事業」という事業があります。 積雪による倒木で電線が切れて日常生活に支障が出ることを未然に防ぐため、道路脇の電線に近い場所の立木を伐採する事業です。 昨シーズンの豪雪では、幹線道路の通行止めや店舗に商品が並ばない等の報道があったことを覚えていらっしゃる方も多いと思います。 ここ郡上やお隣高山市でも、過去には雪による倒木等で電線が切れ、数日間…

続きを読む

冬支度「雪囲い」

エルニーニョ現象の影響でしょうか? カメムシの目撃数の割には、本格的な冬の到来が遅い2018年12月です。 ふたご座流星群を見られるかと期待しましたが、そこは流石郡上。 見事に雲に覆われ、見る事かなわず。 そして天気予報通りに、昨晩のうちに降った雪で、周辺の山々は少しだけで雪化粧をし、ようやく冬らしくなりました。 例年ですと、少し雪が積もってから行う冬の風物詩「…

続きを読む

年末年始の営業日について

いつもお世話になっております。 年末年始の営業日についてお知らせいたします。 12月27日(木) 通常営業 12月28日(金) 仕事納め 12月29日(土)~1月6日(日) 年末年始休暇 1月7日(月) 仕事始め 1月8日(火) 通常営業 とさせて頂きます。 弊社は、少し長いお休みをいただいております。 といいますのも、1年を通して祝日も営業日とさせて頂いており、年…

続きを読む

薪ストーブの煙突掃除

11月も下旬。 あと数日で12月を迎えようとしているのに、この暖かさは一体・・・。 小春日和を通り越し、初夏を思わせるような暖かな一日でした。 暖かというより、暑いと言った方が適切かもしれません。 その様な気候なので、なかなか薪ストーブに火を入れることが出来ません。 ・・・思い出しました。 煙突掃除をしていない! あれ? 前回の掃除はいつだっけ!? …

続きを読む

白鳥林工 エゴサーチ!?

ひょんな事から、googleマップで弊社の表示を確認しておりました。 そのまま拡大したら、ストリートビューに おっと、更新されているじゃありませんか。 右下のタイムスタンプを見ると、2018年8月とあります。 9月の台風21号で倒れる前のヒマラヤスギが写っています。 が、「夏休みの端材無料配布」の設置の様子から判断するに、7月20日頃に撮影されたものだと…

続きを読む

'18-'19シーズンの薪は、ほぼ完売となりました

「薪あります」と、細々と宣伝してきましたが、いよいよ薪ストーブシーズンを前に、この冬用の薪が完売しました。 ナラ・アベマキ・サクラ、と火持ちの良い樹種と、クリ・キハダ等のその他広葉樹として棚を作りました。 もちろん、単価は変えています。 春先から夏にかけて作った薪棚は、棚に目一杯詰め込んだので、1単位の値段が高くなってしまいました。 よりお買い求め頂き易くするため…

続きを読む

梶本式立木乾燥の試験挽き

岐阜県立森林文化アカデミーの学生さんは、授業の中で「梶本式立木乾燥」の施業を学んでいます。 詳しくは、アカデミーのブログをご覧ください。(https://www.forest.ac.jp/academy-archives/ryubokukansoseizai/) アカデミーの演習林内で5月に立木乾燥処理された杉は、8月上旬に伐採・葉涸らし、10月上旬までに集材されました。 そして、その…

続きを読む