製材Day、長良杉と桧と

朝の冷え込みは厳しいものの、日中は日差しもあり体を動かしていると汗をかく一日でした。

木材加工部は、製材Dayです。

DSC_7070.JPG


いい杉丸太ですね。

「いい」というのは、主観です。
色と年輪の詰み具合と一定の年輪幅と。
木口を見ているだけで、幸せな気分になります。

ちなみに、末口30cmの4m。年輪を数えると、58歳でした。

この様な丸太ばかりだと、とても嬉しいのですが、自然素材ですのでそういうわけにもいきません。

良いところ、そうで無いところ、全てを上手く使ってこそ、木が活かされるというもの。



普段は事務所でのデスクワークが多い私ですが、人手不足のため製材のお手伝いに駆り出されました。
というより、寧ろ進んで現場に売り込んだという話も(笑)


DSC_7074.JPG

この様な赤身が淡いピンク色で無地の板に出会ったりすると、テンションが上がっちゃいます!

桟積みの手を止め、ささっと写真を撮ります。これも仕事ですよ。


一日桟積みをしまして、心地よい疲労感。


暫く製材が続きますので、現場の様子をレポートしたいと思います。



--------------  白鳥林工(協業)の情報は、こちら  -------------------
HP:http://www.shirotori-rinko.or.jp/
Blog:http://shirotori-rinko.seesaa.net/
Facebook:https://www.facebook.com/shirotori.rinko/
Twitter:https://twitter.com/Shirotori_rinko
Instagram:https://www.instagram.com/shirotori.rinko/

"製材Day、長良杉と桧と"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: