材積売り

『材積売り』

「えっ、林工って材積売りするの?」と?マークがついた方は、林工ツウです(笑)

弊社の幅接ぎパネルの販売単位は、「枚」ですからね。
羽目板系は「坪」にしてますから、材積に近いといえば近い?



とある工房の方から、「〇〇の△△を□□くらい欲しいのですけど」とご依頼がありました。

DSC_6963.JPG


伏字を埋めると、こんな感じです。
「ヒノキの50厚、赤身勝ち荒材節あり可、2mで10枚くらい欲しいのですけど」

「用途は何で御座いますか?」

「〇cm位に切って使うのと、端で△△が取れると良いかな?」


荒材は製材上がりで、弊社の場合は全てKD(人乾済み)です。
耳が付いている材もあれば、幅決めのものもあり。

121109163_255500865880526_8821992422860376212_n.jpg

見繕ったのは、こんな感じになりました。
最終的にはこれの倍くらいの量になりましたが。


そして便利なSNS。

その場でスマホで写真を撮って送信~。


良く知った間柄。
何を作るかという情報があれば、こちらも材の選別がしやすくなります。



他にも何種類か御所望でしたので、大凡見繕って検尺しているのが1枚目の写真です。

そしてタイトルの「材積売り」


写真でご覧のとおり、幅・長さ・大きさがバラバラです。
「1枚いくら」としては値段が付けにくい木材業界は、立米単価で取引します。単位はm3。

1m×1m×1mで、1m3ですね(小学生・・・)


上記のヒノキの板が、厚み5cm×幅20cm×長さ2mだと、材積はいくつでしょうか?






・・

・・・


はい、0.02m3ですね。



例えば、立米1万円という値付けした材だったとしましょう。(例ですからね)


一枚あたりの値段は、0.02m3×10,000円/m3 =200円 という計算になります。


実際は、これの数倍(価格はお客様の手前、秘密)です。



木材業界が一般の方との間にあるギャップとして、この販売単位が大きな障害なのではないかと思います。


HCへ買い物へ行くと、木材コーナーへついつい立ち寄ってしまいます。
最近のHCは品質も品揃えも良くなりましたよね。
ついつい品定め。が、そこの販売単価は当然「枚」。

感覚的に、よくわからないんですよね。
なので、m3に換算し直して比較しちゃいます。


え、こんなに安く手に入るの!?
なんて事もしばしばあります。
しかし、『国産材』とは書いてあるものの、産地が明記されていないこともしばしば。
それでも需要があるので良いのかもしれません。

けれど、林業・製材業・木材加工業をしている身としては、自社の計算式に当てはめると「え、これ原木価格いくらなんだ?」「加工賃あるの?」といった事にもなりかねず。。。

とはいえ、欲しいものがすぐ手に入る便利さは、それはそれは替え難いものでもありますよね。

一般の方が弊社に来られても、その場でお売りする事はできませんもの。せいぜい、「薪」くらいのものです。


と少し脱線しましたが、「材積売り」分かって頂けたでしょうか。


--------------  白鳥林工(協業)の情報は、こちら  -------------------
HP:http://www.shirotori-rinko.or.jp/
Blog:http://shirotori-rinko.seesaa.net/
Facebook:https://www.facebook.com/shirotori.rinko/
Twitter:https://twitter.com/Shirotori_rinko
Instagram:https://www.instagram.com/shirotori.rinko/

"材積売り"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: