「もの森 J学園プロジェクト」ワークショップの準備

3年目を迎える、「もの森 J学園プロジェクト」 「もの森」とは、「ものづくりで森づくりネットワーク」の略。 郡上市白鳥町六ノ里地内にある、広葉樹の二次林をフィールドに、広葉樹林の手入れをしながら、そこで伐採した小径木を有効活用して行こうという取り組み。 3年前から取り組んでいる現在のJ学園プロジェクトは、多様な広葉樹から学校の机を作ります。 実際に生徒さんが六ノ里の森林に入り…

続きを読む

木材の無料配布の準備完了

明日から始まる小学校の夏休み。 梅雨がなかなか明けないので、『夏っ!』という感じになりませんが、夏休みの自由研究は決まってますよね? 先日告知させて頂きました『夏休みの木工工作を応援します!』企画は、着々と端材集めが進んでいます。 太っ腹な工場長は、「これも良いよ~♪」と、子供の為に少し贅沢な端材まで提供してくださいました。 大人も欲しくなる大きさの材料まで並んでいます。 …

続きを読む

夏休みの木工工作を応援します! 2019

今年もやります 「夏休みの木工工作を応援します!」企画 「子供達に、気に触れ合う機会を少しでも多くしてあげたい」という思いと、製造工程で出てくる「端材の有効利用を」との思いで、昨年から始めた企画。 白鳥林工協業組合ウッドデッキにて、端材を無料でお譲りします。 期間は、7/20(土)~8/9(金)のうち、弊社営業日。 時間は、8:00~17:00 今日…

続きを読む

飛騨唐松パネルの出荷

松本、松嶋、松村・・・ 昨晩のNHK『日本人のおなまえっ!』をご覧になられた方もいらっしゃると思いますが、【松!杉!柳!樹木のつく名字】というタイトルでしたね。 (残念ながら、私は少ししか見られませんでした・・・) 松にも色々ありますが、弊社で取り扱うのは、専ら「唐松」です。 「落葉松」とも書きますが、「唐松」としています。 さて、先日の記事で、飛騨唐松パネルの製造途中の様…

続きを読む

飛騨唐松パネルの製作

木材加工部では、飛騨唐松パネルの製作が進んでおります。 「ラミナ巾は、どれ位ですか?」という質問をよく頂くのですが、「10cm~15cm程度で、歩留まりが良くなるように木取しています。ロットによってまちまちです。」という、答えになっているのなっていないのか良く分からない回答をさせて頂いています。 ラミナというのは、接ぎ合わせする前の材料の事です。 今日は丁度、説明しやすいタ…

続きを読む

長良杉パネルを鋭意製作中

夏本番を思わせる、体感的には今年一番の暑さのなか、木材加工部では長良杉パネルを鋭意製作中です。 「どんな寸法がありますか?」とよく質問を頂きます。 規格製品は弊社HPに掲載していますので、そちらをご覧頂くとして、特注寸法の場合です。 最長では、30×1000×4000(mm)という寸法は製作可能です。 最大幅は、30×1200×2600(mm)という寸法も製作可能です。 …

続きを読む

桧パネルを製作中(t18)

弊社が製作するパネルといえば、板目の幅広ラミナを巾接ぎ(はばはぎ)したパネルというのが通常です。 今回ご注文頂いたのは、柾~追柾の片面無地パネル。 仕上がり厚は、18mmとなります。 お客様のご要望で、ラミナ巾は約5cmに統一しております。 なんと合計200枚。 今月末には半分の100枚の納品が待っています。 最後の仕上げを追込み中。 …

続きを読む

杉の30mmの本実板は、床用?

杉の本実板(ホンザネイタ)を製作しています。 厚さ30mm、幅135mm、長さ1820mm。 昨今の一般的な住宅では、構造用合板の上に床板を張る場合が多いので、板厚は12mmや15mmが主流だと思います。 しかし、厚15と30では踏み心地が全然違うのです。 では、この本実板は床用?? 良く見ると、反り止め用の裏溝が入っていません。 忘れていたわ…

続きを読む

唐松の羽目板

今朝、八幡の糸Cafeさんから電話。 ひどく恐縮された様子で「唐松の羽目板を、とても少量で申し訳ないのですが・・・」と。 2014年に八幡町新町にオープンした「糸Cafe」さんの店舗には、弊社の唐松の羽目板(床板・壁板)やパネルを使って頂きました。 その一部を修繕したいとのことで、「同じ幅の物が無いか?」とのご相談でした。 「数量は?」 「2平米無いくらい・・・」 わざわ…

続きを読む

長良杉パネル・源平・無地上小

新規のお客様からご注文を頂いた長良杉パネルは、上小・30×1000×2600。 梱包直前の写真がこちらです。 遠くから見ると、ほぼ無地ですね。 拡大すると、二つ三つ小さな節があります。 現場で切って使われるでしょうから、源平無地の杉パネルになりそうです。 ロットにより違いはありますが、この様なパネルも出荷されていきます。 ご参考までに。 --…

続きを読む