納期確保のお願い

木材加工部より、「納期確保のお願い」です。 いつもありがとうございます。 昨年末から沢山のご注文を頂いており、ありがとうございます。 現在、御注文数が大幅に増えておりまして、通常1週間程度の納期で回答させて頂いているところですが、現時点で10日程度かかる場合も発生して参りました。 具体的な納品日については担当から個別に回答させて頂きますが、充分な納期の確保をお…

続きを読む

製材棟の雪下ろし

先週末からの大雪で、北陸地方の豪雪や交通の麻痺といったニュースが流れておりました。 ここ郡上白鳥でも、10日には石徹白への県道314号線において除雪が追い付かず一時孤立状態に。 幸い、10日の午後には解除されましたが、数年ぶりのドカ雪に町内も大変な状況です。 さて、11日は成人の日で祝日ですが、弊社は通常営業でした。 年明けから、御注文を沢山頂いており、製作・発送の仕事も行わ…

続きを読む

今日のテーマは「紅白」

青空が広がり、気持ちの良いお天気。 スキー場も適度に雪があるようで、新型コロナウィルス感染症対策をバッチリしてお出掛け下さればと思います。 さて、例年通り年末は物流業界は大忙しの様子。 集荷に来て下さるドライバーさんは、少し前から「すみません、、、物量が増えているようで・・・」と申し訳なさそうに挨拶していかれていましたが、いよいよ本当になってきました。。。 昨日発送し…

続きを読む

ヒノキの製材

雪が降りしきる中、製材を進めています。 昨日は、ヒノキの製材を行いました。 「な~んだ、いつもの事じゃん!」とお気付きのあなたは、林工ブログマニア(笑) ところが、昨日は非常に珍しい光景がありました。 現在、山林部は仕事の端境期かつ年末に係るということで、いろいろと段取りをしている最中です。 そして、この雪。 となると、人員がうまく当てはまらない事態が発生してきま…

続きを読む

カラマツ

昨日は来客があり、弊社の歴史も簡単に振り返りながらお話させて頂きました。 その中で、切っても切り離せないのが「唐松」です。 戦後、土木資材が必要になる中、成長が早いという理由で植えられた唐松。 杭としての需要を見込んでの事でした。(と聞いています) しかし、想定していたほどの需要がなく、今ほど乾燥技術が発達していなかった時代には、ひねる・暴れる・ヤニが出るといったマイナス…

続きを読む

杉笠?

木は、水分が抜けて乾くと反ります。 こちらは、想定外の副産物。 杉丸太を60cmくらいの長さに揃えて切っていた際に出来た輪切りの板。 しばらく放置していたところ、こんな形に反りました。 いつもだと、直ぐにボイラーの燃料になってしまうのですが、たまたま放置して いたために、笠のような形になりました。 しばらく置いておくので、実物を見たい方はどうぞ。 …

続きを読む

おが粉の引き取り

【木材は捨てるところがありません】 丸い丸太を四角く製材するので、当然出てくるおが粉や背板。 おが粉は製材棟の高い場所にある部屋に集めておいて、定期的に引き取って貰っています。 先日見学のあったFW3年目研修の際にもご案内しましたが、木材の様々な利用方法については、馴染みが薄いのが現状だなぁと実感しています。 かくいう私も、ここで働いていなかったら一生知らなか…

続きを読む

杉と唐松の本実板

羽目板(はめいた)とも本実板(ほんざねいた)とも呼びます。 同時期に、杉と唐松の本実板のご注文を頂きました。ありがとうございます。 寸法は15(t)×105(w)の特一材です。 パテ補修後のあと、乾かすために桟をきって積んでいる様子が、「一点透視図法」的な構図だなぁと思った一枚です。 裏に溝が付いているのは、床板用となります。 来週、唐松は滋賀へ発送、杉…

続きを読む

珍客

寒くなるぞと、朝の天気予報に脅された21日(土) 日差しがある日中、風さえ凌げば暖かな白鳥です。 午前休憩の前、工場長が事務所に飛び込んできました。 何事か!? 「杉の板を桟払いしていたら、板と板の間に居たコウモリが飛んできた!」と。 2匹います。 「体にとまって離れないから、捕まえて、桟に捕まらせている」と (笑) …

続きを読む

桧パネルを制作中

11月も中旬に入り、今日は「1」並びでポッキーの日。 日中は暖かな日差しに恵まれ、身体を動かしていると汗をかきそうになります。 今日の木材加工部は、様々な樹種が行き交いましたが、今日ご紹介するのはヒノキ。 ヒノキの香りに包まれて仕事ができるなんて、贅沢な環境です。 弊社が製造販売する幅接ぎパネルは、針葉樹が中心のラインナップ。 杉・唐松・桧の3種類で…

続きを読む