長良杉パネルの切欠き加工・溝加工

造作材としての用途が多い長良杉パネル。 最近多いのが階段材です。 奥行が24cmくらいですと、一枚板で賄えなくもない。 けれど、廻り階段が入ってくると、1枚板ではつらい。 長良杉パネル(巾接ぎ)の出番です! 今回ご紹介させて頂くのは、設計事務所さんから声を掛けて頂いた案件です。 「溝加工は可能ですか?」 「裏溝加工は可能ですか?」 蹴込み板を差し込む溝…

続きを読む

「もの森 J学園プロジェクト」 サイズカット

「もの森 J学園プロジェクト」の天板接ぎ板の製作も、いよいよ最終段階です。 #150でのサンダーが終わったパネルを、指定寸法にカットしていきます。 カットするのはパネルソーを使います。 4辺をカットします。 140枚×4カットですので、560カット。 簡単なようですが、数量が多くなると、これはこれで大変な作業です。 今日の様な猛暑日は、…

続きを読む

「もの森 J学園プロジェクト」 サンダー

昨日までに接着が終わった、J学園プロジェクトの天板剥ぎ板。 本日から、ワイドベルトサンダーにて、厚さの調整と仕上げの工程に掛かりました。 接着工程で発生する段差を、#80で大きく削ります。 続いて、仕上がり厚+αまで、#80で削った後、番手を#150に上げて仕上げていきます。 明日以降は、チョークの痕に沿って、仕上がり寸法にカットしていきます。 …

続きを読む

「もの森 J学園プロジェクト」剥ぎ合わせ

一昨日の月曜に全ての日程を終えて帰京したJ学園の生徒さんが、一生懸命取り組まれた天板の色合わせ。 接着から納品まで、弊社が責任を持って対応させて頂きます。 簡単なチェックの後、板の両側に接着剤を塗布していきます。 生徒さんがチョークで表現した想い汲み取って、板を並べて行きます。 昨日・今日と接着を行いまして、90枚+50枚+α分の接着が…

続きを読む

「もの森 J学園プロジェクト」2日目

昨日、少しだけ色合わせを行った続きです。 心配した台風の影響もなく、二日目は順調なスタート。 昨日の注意点を再度確認し、各自色合わせを行っていきました。 とはいえ、冷房の無い工場での作業。 蒸し暑い中で、集中力も途切れがちになりつつ、適度に休憩を挟みながら色合わせは進みます。 先生も含めて、総勢13名の力は改めてすごかったですね。 お昼前に休憩を兼ねて、弊社の…

続きを読む

「もの森 J学園プロジェクト」1日目

「ものづくりで森づくりネットワーク」×「J学園」のプロジェクトは、3年目。 学校から「天板の色合わせを、生徒自らが行いたい」との要望が上がったとのことで、それに合わせて日程が組まれていきました。 内容が内容だけに、弊社の休業日にあたる、第4土曜と日曜に掛かるように日程を組んでいただきました。 (理由はもう一つありますが、後程) この日の午前中までに、もの森メンバーによって、樹…

続きを読む

「もの森 J学園プロジェクト」ワークショップの準備

3年目を迎える、「もの森 J学園プロジェクト」 「もの森」とは、「ものづくりで森づくりネットワーク」の略。 郡上市白鳥町六ノ里地内にある、広葉樹の二次林をフィールドに、広葉樹林の手入れをしながら、そこで伐採した小径木を有効活用して行こうという取り組み。 3年前から取り組んでいる現在のJ学園プロジェクトは、多様な広葉樹から学校の机を作ります。 実際に生徒さんが六ノ里の森林に入り…

続きを読む

木材の無料配布の準備完了

明日から始まる小学校の夏休み。 梅雨がなかなか明けないので、『夏っ!』という感じになりませんが、夏休みの自由研究は決まってますよね? 先日告知させて頂きました『夏休みの木工工作を応援します!』企画は、着々と端材集めが進んでいます。 太っ腹な工場長は、「これも良いよ~♪」と、子供の為に少し贅沢な端材まで提供してくださいました。 大人も欲しくなる大きさの材料まで並んでいます。 …

続きを読む

夏休みの木工工作を応援します! 2019

今年もやります 「夏休みの木工工作を応援します!」企画 「子供達に、気に触れ合う機会を少しでも多くしてあげたい」という思いと、製造工程で出てくる「端材の有効利用を」との思いで、昨年から始めた企画。 白鳥林工協業組合ウッドデッキにて、端材を無料でお譲りします。 期間は、7/20(土)~8/9(金)のうち、弊社営業日。 時間は、8:00~17:00 今日…

続きを読む

飛騨唐松パネルの出荷

松本、松嶋、松村・・・ 昨晩のNHK『日本人のおなまえっ!』をご覧になられた方もいらっしゃると思いますが、【松!杉!柳!樹木のつく名字】というタイトルでしたね。 (残念ながら、私は少ししか見られませんでした・・・) 松にも色々ありますが、弊社で取り扱うのは、専ら「唐松」です。 「落葉松」とも書きますが、「唐松」としています。 さて、先日の記事で、飛騨唐松パネルの製造途中の様…

続きを読む