「もの森 J学園プロジェクト」2日目

昨日、少しだけ色合わせを行った続きです。

心配した台風の影響もなく、二日目は順調なスタート。
昨日の注意点を再度確認し、各自色合わせを行っていきました。

DSC_3083.JPG

とはいえ、冷房の無い工場での作業。
蒸し暑い中で、集中力も途切れがちになりつつ、適度に休憩を挟みながら色合わせは進みます。
先生も含めて、総勢13名の力は改めてすごかったですね。


お昼前に休憩を兼ねて、弊社の案内を行いました。
冷房を効かせた事務所+応接で、木の使われ方や自社製品の使われ方を見て頂き、ブナ製の長テーブルを例に、今取り組まれている天板の色合わせの特徴を説明したり。

少し涼んだ後で、製材棟へ移動。

ここでは、昨晩の交流会でベテラン山師が持って来て下さった大鋸で、「実際に3分の板を挽いてみよう!」という遊び心を発揮。

DSC_3077.JPG


全員が挽きましたが、10分で20㎝程は鋸が進んだでしょうか。

その後で、製材機でクリ丸太を2本製材して、あっという間に板材が挽けました。



さて、お昼休憩を挟んだ後は、色合わせのラストスパート。
予定していた90枚+50枚を超える枚数が組みあがり、全員で記念撮影。

DSC_3093.JPG


15時頃、白鳥林工でのワークショップを終えて、六ノ里の「もの森の森」へ移動されました。




そして、夜はオプションツアーです。
折角白鳥に来たなら、「白鳥おどり」を体験しましょうよ!と、半ば強引に日程を合わせて頂きました。

DSC_3095.JPG

全曲を踊ることは出来ませんでしたが、生徒さんは楽しんでいただけたようです。



--------------  白鳥林工(協業)の情報は、こちら  -------------------
HP:http://www.shirotori-rinko.or.jp/
Blog:http://shirotori-rinko.seesaa.net/
Facebook:https://www.facebook.com/shirotori.rinko/
Twitter:https://twitter.com/Shirotori_rinko
Instagram:https://www.instagram.com/shirotori.rinko/

この記事へのコメント