唐松丸太の入荷

土場に、唐松丸太が入荷しています。

カラマツ丸太.jpg

なかなか目が良さそうです。製材が楽しみです。
木口に木材チョークで、「阿多粕」とか「折敷地」と書いてあります。
高山市久々野町や丹生川町の出身の様です。

唐松というと、岐阜のお隣信州長野が有名ですが、岐阜県内でも飛騨地方を中心に唐松が豊富に蓄積されております。
成長が早い木ですので、戦後の木材需要に応えるべく植林されました。
が、いつしか厄介者扱い・・・。

ですが、ここ最近は技術革新により構造用合板や大断面の集成材として欠かせない木材となってきました。

弊社が仕入れる唐松は、飛騨唐松パネルとして生まれ変わります。
もちろん、フローリング材としても。

【大開津の石邸】でも使用しています。


丸太を見ていて後ろを振り返ると、

薪崩れる.jpg

薪棚が崩れていました・・・。


誰だーーーっ!(怒)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック