東京出張 銀座NAGANO

3日、「信州・ぎふの木 まるごと紹介セミナー」に製材・加工業者の1社として参加してきました。

昨晩帰宅し、家から記事をアップしようと思ったら、PCへログインできない・・・。
プロファイルが壊れているらしい・・・。疲れていたので、PCの復旧は後日に回しまして・・・。


色々と出会いがあり楽しいビジネスミーティング&懇親会でした。


早速、4日の岐阜新聞の記事になっていましたので、紹介させて頂きます。

----------------------------------------
2015年2月4日 岐阜新聞県内版
県産木材、首都圏にPR
製材業者が東京でセミナー
首都圏の工務店や計事務所に岐車、長野両県の木材をPRするセミナーが3日、東京都中央区の銀座NAGANOで開かれた。
販路拡大に向けて両県内の製材・加工業者が、木材や木製品の特徴を説明したほか、開発に活かそうとニーズや提案を聞いた。
両県から14の製材・加工業者と、首都圏から15の設計事務所・工務店が参加。各業者が自社の木材の品質や特徴、製品などをPRした。
業者の一人は「ヒノキは高いという昔のイメージが根強い。安くなった現状も伝えたい」と話していた。
一方、工務店側からは「岐阜県には東濃ヒノキなどのブランドがあり、質も良い。ただマイナーなので、一般消費者の認知度をいかに上げられるか」などの声があった。
両県は県産材の認証基準を共通化した「広域認証基準」を定めるなど、林業分野で連携し、首都圏や中京圏で製品を販売。同セミナーは両県などの主催で、首都圏で開くのは初めて。(宮本覚)
----------------------------------------

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック