椹とか樅とか・・・

弊社は、木質の幅接ぎパネルのラインナップとしては、杉と唐松と桧で商品として並べております。
他には、唐松のフローリングを。もちろん国産、しかも正真正銘岐阜県産です。

お陰様で、長良杉パネルの注文は途切れることなく頂いておりまして、「在庫は大丈夫か?」「原木の手当ては?」と嬉しい悲鳴を上げております。

この春のHPのリニューアルに併せて「飛騨唐松パネル」を商品群に加えましたところ、こちらも徐々にお問い合わせが増え、ご注文を頂く機会も増えて参りました。ありがとうございます。

サンプルは無料でお送りしておりますので、是非お問い合わせください。


で、タイトルの件ですが。。。


地元の山で取れた木を、街へ届けるのが使命だと思っております。
いくつか市場を回っていると(私ではなく専務ですが)、定期的に出材されて樹種があるわけです。

前々から気にはなっていましたが、弊社が扱う針葉樹は杉・唐松・桧が圧倒的に多く、注文もこの3大樹種なので、仕入れも杉・唐松・桧がほぼ100%なわけです。

で、専務に無理を言って、表題の椹と樅を仕入れて頂きました。

確固たる自信があるわけではありません。無駄に終わるかもしれません。でもやってみなくちゃわからない。

樅・椹.JPG
製材してもらいました。(左:樅、右:椹)


椹製材.JPG
椹。節が多かった・・・。芯の方まで割れが入っていた・・・。



樅製材.JPG
樅。節が多かった・・・。


実験です。この後乾燥させて、じっくり見てみます。
興味のある方、ご連絡ください。

買ってくれそうな方には、こちらから連絡するかもしれません!


まだまだ気になる木があります。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック