原木の製材・その2

2月上旬から製材の台車の職工として専属で作業し始めてから 2ヶ月になろうとしています。1日平均35本として1400本以上は製材したはずです。 目指せ!!2000本安打!!じゃ無くて、製材!! ほとんどはスギとカラマツの針葉樹なのですが 広葉樹では40以上のナラの原木とケヤキの板を割り返す仕事がありました。 「広葉樹の王様」ケヤキの板は10万円以上はするのではないかとの事でし…

続きを読む

天国と地獄?

これは、昨年、小川の家谷の現場から撮った御嶽山です。 昨日はおんたけスキー場に遠征してきました。 麓から見上げるとさすがに3000m峰、威圧感があります。 これを見ると、日頃から標高1000mぐらいの現場で働くことは非常に体に良いのだろうなーと思います。 しかし、山の上はやはり厳しい世界、天気が崩れるのは解っていましたが、まさか、スキーが前に進まな…

続きを読む

フォレスター in 工場

工場と書いて、「こうば」と読む(?)。 私は「こうば」がしっくり来ます。 ここ最近は、年度末ということもあり、山の仕事は暫く休みです。 山が休みの時でも、工場で働かせて貰えるのが白鳥林工の良い所だと思っています。 山で働きながらも、製材され製品となっていく姿を実体験として身に付けていけますから。 そんな先日、工場内で機械の据付があったので少し作業が出来ませんでした。…

続きを読む

一期一会

今日は理事長と岐阜県林業労働力確保支援センター主催の「森林の仕事ガイダンス」へ行ってきました。 昨年に続き2回目の参加でIターン希望者に先輩として色々とアドバイスをするのが役目です。 50人を超える来場者のうち7人が当社の面接を受けました。愛知県から参加の妻子もちの方は16社の事業体がある中、当社の面接のみを受け家族と相談すると言ってみえました。 4年前の僕も岐阜県は白鳥林工だけに…

続きを読む

魔のカーブ

昨日から白鳥は季節外れの大雪です。 月初めの春の陽気に、タイヤをノーマルに交換した自分らにとっては非常に頭が痛い状況です。 特に危険なのが、国道から会社に入る時で、きっちり減速しないと、曲がらずに滑っていってしまいます。自分は今冬は、今日で二度目でした。 夕方には更に積もり、愛車は会社に置き去りです。

続きを読む

山は畏れよ・・・

暖冬で雪山シーズンも終わりと思っていましたが、先日の寒波で白鳥周辺のスキー場も復活、この機会に毘沙門岳へ初山スキーに挑戦しました。 白山をバックに尾根を登るO先輩 こんな雪庇や樹氷が雪山ムードを盛り上げ頂上に着く頃にはハイテンションで宴会モードへ・・・。 滑り命のO先輩も「今日はもー滑るよりもっと飲みてー」 だけど登山は下山するまで謙虚な気持ちが大事です。 下りの滑…

続きを読む