長良杉パネルの切欠き加工・溝加工

造作材としての用途が多い長良杉パネル。 最近多いのが階段材です。 奥行が24cmくらいですと、一枚板で賄えなくもない。 けれど、廻り階段が入ってくると、1枚板ではつらい。 長良杉パネル(巾接ぎ)の出番です! 今回ご紹介させて頂くのは、設計事務所さんから声を掛けて頂いた案件です。 「溝加工は可能ですか?」 「裏溝加工は可能ですか?」 蹴込み板を差し込む溝…

続きを読む

搬出間伐の現場へ 緑の雇用現地指導 FW1

FW1(フォレストワーカー1年目)の現地指導のため、一色国有林の搬出間伐現場へ行ってきました。 緑の雇用1年目のY君は、今年4月入社で専ら伐倒の勉強中。 現場は4m伐の列状間伐が施業要件となっている杉林。 伐倒の指導を頂いた訳ですが、げたの高さ、ツルの大きさ、受け口・追い口は水平か。 伐倒方向の選択は間違っていないか。退避場所の確保、等々、多くの事を指導いただきました…

続きを読む

「白鳥林工からのメールが届かない」という事象

いつもありがとうございます。 「白鳥林工からのメールが届かない」という事象は発生しておりませんでしょうか? 送信元が@shirotori-rinko.or.jp からのメールが、自動振分けで「迷惑メール」扱いされている場合がありますので、一度ご確認ください。 といいますのも。 2019年8月27日、午前5時頃から午後1時頃にかけて、断続的にメールサーバーから『宛先不明…

続きを読む

電話・FAX 復旧しました

昨日のお昼過ぎから不通となっていた電話・FAXは、本日早朝に復旧しております。 ご迷惑をおかけいたしました。 よろしくお願いいたします。 8月9日(金) 13時頃 ~ 8月10日(土) 6時頃 の間で、FAXを送信されました方へ お手数ですが、再度FAXして頂きますよう、お願いいたします。 --------------  白鳥林工(協業)の情報は、こ…

続きを読む

電話・FAX 不通のお知らせ

本日(9日)、お昼過ぎから、電話・FAXが繋がらない状況が続いておりまして、ご迷惑をお掛けしております。 ブレーカーの故障の為、明日の午前中には復旧の見込みです。 宜しくお願い致します。

続きを読む

「もの森 J学園プロジェクト」 サイズカット

「もの森 J学園プロジェクト」の天板接ぎ板の製作も、いよいよ最終段階です。 #150でのサンダーが終わったパネルを、指定寸法にカットしていきます。 カットするのはパネルソーを使います。 4辺をカットします。 140枚×4カットですので、560カット。 簡単なようですが、数量が多くなると、これはこれで大変な作業です。 今日の様な猛暑日は、…

続きを読む

「もの森 J学園プロジェクト」 サンダー

昨日までに接着が終わった、J学園プロジェクトの天板剥ぎ板。 本日から、ワイドベルトサンダーにて、厚さの調整と仕上げの工程に掛かりました。 接着工程で発生する段差を、#80で大きく削ります。 続いて、仕上がり厚+αまで、#80で削った後、番手を#150に上げて仕上げていきます。 明日以降は、チョークの痕に沿って、仕上がり寸法にカットしていきます。 …

続きを読む

「もの森 J学園プロジェクト」剥ぎ合わせ

一昨日の月曜に全ての日程を終えて帰京したJ学園の生徒さんが、一生懸命取り組まれた天板の色合わせ。 接着から納品まで、弊社が責任を持って対応させて頂きます。 簡単なチェックの後、板の両側に接着剤を塗布していきます。 生徒さんがチョークで表現した想い汲み取って、板を並べて行きます。 昨日・今日と接着を行いまして、90枚+50枚+α分の接着が…

続きを読む

「もの森 J学園プロジェクト」2日目

昨日、少しだけ色合わせを行った続きです。 心配した台風の影響もなく、二日目は順調なスタート。 昨日の注意点を再度確認し、各自色合わせを行っていきました。 とはいえ、冷房の無い工場での作業。 蒸し暑い中で、集中力も途切れがちになりつつ、適度に休憩を挟みながら色合わせは進みます。 先生も含めて、総勢13名の力は改めてすごかったですね。 お昼前に休憩を兼ねて、弊社の…

続きを読む

「もの森 J学園プロジェクト」1日目

「ものづくりで森づくりネットワーク」×「J学園」のプロジェクトは、3年目。 学校から「天板の色合わせを、生徒自らが行いたい」との要望が上がったとのことで、それに合わせて日程が組まれていきました。 内容が内容だけに、弊社の休業日にあたる、第4土曜と日曜に掛かるように日程を組んでいただきました。 (理由はもう一つありますが、後程) この日の午前中までに、もの森メンバーによって、樹…

続きを読む