素材生産現場をご案内しました

郡上八幡で手刻みの大工をされている「カネサダ番匠」さんからのご依頼で、素材生産現場をご案内してきました。 「素材生産」という言葉は一般の方には馴染みが無いですよね、私もこの業界に入って最初は「素材生産?何のこと?」と思いましたので。 立木(たちき・りゅうぼく)を伐って倒し、用途に応じた長さの丸太を生産することを、素材生産と言います。 さて、現場は郡上市八幡町河鹿地内。弊社が…

続きを読む

暑さ対策の散水

全国的に暑くなっている今日。 郡上市の最高気温も、33℃を超えたとか。 観測点は郡上八幡ですが、そこから20㎞程北の白鳥町も、今日は暑かった。 工場の屋根は、昔ながらのトタン屋根。 直射日光を受け、工場内の気温はぐんぐん上昇。 暑さ対策として、屋根に水を撒いて温度を下げます。 これだけの事ですが、結構違います。 お盆を過ぎれば秋の気配が訪れる白鳥。 …

続きを読む

手橇(てぞり)

今日8月10日は、山の日。 写真は事務所前のウッドデッキに置いてある手橇。 林業機械が普及していなかったころ、雪山ではこの道具で丸太を下ろしてきていたとのこと。 一本の板の左右にV字型に長短の棒が刺さっています。 Vの溝に丸太を乗せて、長い方を持ち手にスノーボードの要領で横向きに、ジグザグと下してきたと聞きます。 昔は全て人力。貴重な資料です。 丸太を下ろした…

続きを読む

杉フローリング(t30)を制作しています

杉フローリング(t30)のご注文を頂きまして、現在製作の真っただ中。 林工が作るのは、幅接ぎパネルだけじゃないの?とお思いの方も多いかもしれませんが、壁板・床板といった本実板も、お作りできます。 弊社HPの製材・加工品のページに、控えめに掲載しています。 写真は唐松しか載せてませんし、価格の掲載も唐松のみ。 杉は控えめに右上の枠内に書いてあるのみです。 実は、桧も出来なくな…

続きを読む

桧幅接ぎパネルのご注文

気が付けば8月に突入。 今年は新型コロナウィルス感染症拡大防止対策の影響で、学校は夏休みが短縮となり、夏の風物詩である「郡上踊り」「白鳥おどり」も中止となるなど、いつもと違った夏を迎えております。 ここ最近、本ブログで取り上げる頻度が上昇中のヒノキ。 前回のブログでご紹介しておりました桧小幅集成材の出荷が終わり一安心。 さて、今日ご紹介するのは、最近人気の「桧パネ…

続きを読む

夏期休業のお知らせ

いつもお世話になっております。 誠に勝手ではございますが、夏期休業を下記の期間とさせて頂きます。 令和2年8月13日(木)~16日(日) 何卒、宜しくお願いいたします。 営業カレンダーも併せてご確認ください。 http://www.shirotori-rinko.or.jp/calendar --------------  白鳥林工(協業)の情報は、こ…

続きを読む

桧パネル(小幅集成材)を制作中 第二弾

なかなか梅雨が明けない7月も下旬。 白鳥林工の木材加工部は、某プロジェクト用にご注文頂いた桧パネル(小幅集成材)を制作中です。 第一弾は6月上旬に納品しており、現在は第二弾の納品に向けて鋭意製作中。 梅雨真っただ中、山林部からも応援を貰いながら社員総出の様相です。(少しだけ誇張してます) 弊社の取り扱うパネルは、板幅100cm程度(といっても、8c…

続きを読む

【配達遅延のお知らせ】

まずは、今回の大雨で被害にあわれた方々、地域の方にお見舞い申し上げます。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。 ここ岐阜県郡上市も大雨警報が発令されております。今後もしばらく降り続く予報が出ています。 雨量規制等により、一部国道・高速道路が通行止めとなり始めました。 それに伴い、一部商品の納品が遅れる場合がございます。 納品予定日をお伝え済みのお客様には、個別に御連絡させて頂き…

続きを読む

桧ラミナに「〇〇〇」「〇〇」の欠点

7月に入りました。2020年も後半戦です。 ここ最近は、長良杉パネルに続いて桧パネルに注文が集まっています。 ありがとうございます。 木材には色々と欠点がありますが、その中でここ最近集中して出現した事例を。 モルダーを通した後の桧ラミナ材です。 手前側が木裏になります。入り皮部分は今回は省略します。 縦に走っている筋は、モルダーで付いた傷なので、こちらも無視し…

続きを読む

「緑の雇用」監督検査と見学

梅雨の晴れ間、快晴に恵まれました。 今日は、「緑の雇用」監督検査の日という事で、現場検査に立ち会ってまいりました。 今年の対象は、FW2年生のY君。 今日は研修指導員に付いて、作業路の先行伐倒に従事。 滞りなく午前中に検査を終えて、午後は見学の方の対応。 とあるプロジェクトの動画を撮影したいので協力して頂けないか?とのご依頼をお受けし…

続きを読む